アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングでの巻きの釣り

      2015/08/07

アジは基本的に目の前にリグを通すことができれば何かしらの反応を示します。
しかし、そのアジがどの層(深さ)にいるかはそのときの状況で変わってきます。
なので、アジを釣るためにはアジが「どの層にいるのか」をいち早く見つける必要があります。
なお、アジがいない場所で釣りをしても意味がありません。
よって、自分が釣っている場所にアジが「いる」・「いない」をいち早く判断する(見切る)ことが重要となります。
なお、アジングの基本動作として「巻きの釣り」と「フォールの釣り」があります。

スポンサードリンク

巻きの釣り

「巻きの釣り」は、名の通りリールでワームやルアーを巻いて誘う釣りになります。
ワームやルアーをキャスト後、一定の層(深さ)を動くように一定のスピードでゆっくり巻きます。
ゆっくりというのもジグヘッドの重さや風・流れによってそのスピードが変わって行きます。

例えば、1gのジグヘッドと2gのジグヘッドでは沈むスピードが違いますので、同じ層を引くには必然的に2gの方が早く巻く必要があります。また、風がある場合はラインが風で煽られることでジグヘッドの沈みが遅くなります。流れがあるところも同様です。感覚を掴む為にも、日中や明るい外灯下で練習することをおすすめします。

また、狙う層ですが表層から順に攻めていきます。
なお、夜の常夜灯の下ではアジが表層でボイル(捕食)している場合は表層ただ巻きで十分に釣れる可能性はあります。
(釣れない場面は多々ありあますが、その攻略方は後ほど書きたいと思います。)

カウントダウンで層を探る

表層を数投しても当たりがなければ、「カウントダウン」と呼ばれる戦略で徐々に深さを深くしていきます。具体的にいうと、表層であたりが出ないときは5秒沈めてからリールを巻き始めます。それでもあたりが無ければ10秒沈めると言う具合に底まで通すコースを変えていきます。

maki

アジが食ってくるレンジ(深さ)は決まっているので、アタリのある場所(カウント)を見つけたらその場所を集中的に攻めると釣果につながります。なお、アタリがあっても乗らない時は、まずジグヘッドの重さを変更して動くスピードを変えてみると良いでしょう。

基本は1gを使い、活性が高ければ速く攻めることができるので1.5gを使い、1gでは食いが渋いようなら0.8g、0.6gと軽くしてとゆっくりと引くと釣果につながる場合があります。

また、ただ巻きではアタリが小さすぎる、所謂「ショートバイト」が多発する場合や、居そうなのに食って来ない時があります。そういう時はリーリングを途中でストップして「間」を与えることで反応を示すことがあります。

次は「フォールの釣り」について説明していきます。

 - テクニック, 基礎 , ,