アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジング - アジが釣れない理由を考える

   

今回はアジが釣れない時の考え方についての話を書いていきたいと思います。

釣れないとアングラーは、何かしら『釣れない理由』を見付けたがります。筆者自身もそのうちの一人です。
例えば‥‥
「風や波が強くて釣りにくい」、「濁りがある」、「魚がいない」、「ポイント、立ち位置が悪い」・「活性が低い」・「ワームのサイズ・色があっていない」、「腕が悪い」など・・・。

「風、ウネリ、濁り」等は自然に纏わることなので『釣り事態が出来ない』ということで理由になるでしょうが、それ以外の『釣れない理由』をどう考えるかでアングラーとしての質が決まると言っても過言ではないと思います。

スポンサードリンク

アジは本当にそこにいるか?

まず第一に考えるべきなのは、自分が釣りをしている場所に「アジがいるのか?」ということです。
これは実際に釣り上げる、またはアタリを感じることができれば簡単に判断が着くのでしょうが、なかなかそうはいきません。
一番判断しやすいのは、他のアジンガーや餌師が釣れているかを確認することです。

自分だけが釣れない場合は「レンジ」の問題

他のアジンガーの方が釣れているのに自分だけが釣れない場合、それは「レンジの問題」であることが一番高いです。
レンジさえ合っていれば、少々の立ち位置(ポイント)の違いや、ワームの大きさやカラー等はほぼ関係ありません。
「レンジ操作」が確実に出来ているのに当りが無いのであれば、あとは食わせの「間」をしっかりと取れているかどうかです。

なお、ショートバイトばかりで乗らないと言うのであれば、ジグヘッドを軽くしたりワームサイズを変更することで対処できるでしょう。

どうやってもアジがいるレンジが見つけられない場合は、思い切って直接釣れている人にレンジを聞いてみましょう。

また、餌師が釣れていてアジングでは釣れない状況の場合、これはアジがコマセに酔っているのでワームでは成果を得られない場合が多いです。時間が経過すればワームにも反応しだしますが、時間を無駄にしない為にも素直に場所を変えた方が良いでしょう。

他の人も釣れていない、または自分一人の場合

上記でも書きましたが、まずはカウント毎のレンジを念入りに探りましょう。
それで当りが無い場合は、「距離」に問題がある場合がありますので、「スプリット」「キャロ」を使用して広い範囲でレンジを探りましょう。
それでもダメであれば、反応してくれるアジはいない、または少ないと判断しても良いと思います。
なお、実績の高い場所であれば回遊してくる可能性もあるので粘っても良いでしょうが、そうでなければ時間を無駄にしない為にも早めに見切りをつけて次の場所へ移動しましょう。

まとめ

何度も言いますが、アジングにおいて一番重要な要素は「レンジ操作」です。
これが出来きていない状況で釣れない理由を他にあげているのであれば、まずは自身の腕を見直す必要があると思います。
確かにアジの活性が高ければ、レンジを意識せずとも投げれば釣れるという状況もありますが、いつもその状況があるわけではありません。
ただアジを釣ることだけが目的であれば、アジングにこだわらずサビキで釣った方が良いでしょう。

アジングの醍醐味は「アジをどうやって攻略するか?」という事だと思います。
自分の狙い通りにアジが釣れた時の爽快感はなんとも言えません!
たからこそ、アジングというのは今現在大いに流行っているのだと思います。

アジが釣れなくて悩んでいる方は、今一度「レンジ操作」ができているかを見直してみましょう。

 - テクニック, 基礎 ,