アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

捨てるなんてもったいない!アジの骨せんべい!

   

ajisen00
皆さん釣って帰った新鮮なアジは刺身にすることが多いと思いますが、三枚におろした後の頭や中骨はどうしてますか?
もし捨てられてる方がいれば、是非「アジの骨せんべい」を作られることをお勧めします!

スポンサードリンク

調理方法

今回はフライパンを使って簡単に骨せんべいを作れる方法をご紹介します。

その1 中骨の水切り

鯵の中骨に塩を少々ふり5分ほど、水分を出します。
ajisen05

出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取ります。
なお、フライパンのサイズが小さい場合はあらかじめ骨を半分に切っておくと良いでしょう。
ajisen06

その2 フライパンで揚げる

フライパンに油を1cmほどいれ、低温で揚げていきます。
※低温は中骨を入れた時にほんのちょっと泡が出るくらいです。
ajisen03

時々裏返しながら、弱火で10~15分ほどあげます。
全体的にキツネ色になってきたら最後に少し強火にしてカラリとさせます。
ajisen04

その3 盛り付けて完成!

フライパンから中骨を取り出し、油を十分に切ってから塩を少々振り掛ければ出来上がりです!

ajisen00

なお、頭も同じように揚げれば中骨よりもサクサクで美味しいです!

まとめ

アジの骨せんべいは、大人のお酒のおつまみにはもちろん、小さなお子様のカルシウム摂取の為におやつ代わりにもってこいです!
なお、カルシウムが接種できる食品といえば「牛乳」がありますが、牛乳よりもゆっくりと血中に吸収される点で魚の骨の方が良質だと言う説もあります。
釣って帰ったアジも、残すところ無く骨まで愛して食べ切ってあげたら喜んで成仏してくれることでしょう。

 - 料理