アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングで使用するラインを理解しよう!

   

今回はアジングで使用するラインの特徴を簡単にまとめたいと思います。

ライン選びの基本は、リグやロッドとのバランスを考えることです。
アジングでは細いラインを使用しますが、理由としては「感度」を得やすくすることと「飛距離」を出す為です。
アジングで使用するジグヘッドは「1g前後」を主に使用しますが、軽いリグで飛距離を出すには当然空気抵抗が少ない細いラインが有効になります。
また、ラインが太いと水中での抵抗が増す為、軽いリグが沈みにくくなります。
その為、0.2~0.4号あたりの細いラインを使用することが多いです。
反面、細すぎると大物が掛かったときにやり取りが難しくなりますが、太いラインでアジを釣るのは細いラインでデカアジとやり取りするよりも難しいと言われています。
それだけ大物になってくると警戒心もあり太いラインでは掛からなくなるからです。
その為、ドラグの調節で魚のやり取りする必要がありますが、そこがアジングの楽しさでもあります。

スポンサードリンク

ラインの種類

アジングで主に使用するラインは、「フロロライン」・「ポリエステルライン」・「PEライン」の3種類です。
なお、ジグヘッド単体やスプリットリグでは「フロロライン」・「ポリエステルライン」を、キャロやメタルジグでは「PEライン」というように使用するリグの「重さ」や「操作方法」によって使用するラインを使い分けます。

それでは、各ラインの特徴を説明していきます。

フロロカーボンライン

line02
フロロカーボンラインの特徴は、比重が重いため、水に沈みやすく、横からの衝撃に強いです。
質感は固めで、潮の流れが早いポイントや、風が強い日などでも難なく釣りが成立するので便利です。
ただ引っ張りに対する強度は、PEほどではなくナイロンとほぼ同じですが、PEにくらべて「擦れ」に強い為、根が荒い箇所を責める場合はフロロラインを使用します。
また、ラインが伸びやすい為、PEやポリエステルラインに比べると当りがぼやけますが、その特徴をしっかりと理解すれば特に問題はないでしょう。
フロロラインはナイロンやPEと比べ硬く、リールに馴染むまでに3日間はかかる為、釣行数日前に事前に巻いておくことをお勧めします。
なお、0.6号以上のラインを使用するのであればジグヘッドを直結すればよいですが、それ以下を使用する場合はショックリーダーを使用しましょう。

ポリエステルライン

line03
ポリエステルラインとは、フロロラインとPEラインの中間的な性質で、質感や素材はまったく別物です。
ポリエステルラインの特徴は、固くて張りがありあまり伸びないため、とても感度が良く当りも「コツン!」と伝わることと、あまり大きなアワセを入れなくて簡単にフッキングできるのも大きなメリットです。
比重はフロロより軽め、ナイロンより重めで、水に馴染みやすいためにレンジコントロールが一番やりやすいラインでもあります。
フォールの釣りにおいてはルアーが沈む速度が絶妙でアジが食いつきやすい釣りが出来きます。

デメリットとしては、「急激なショックに弱い」、「水や紫外線による劣化が早い」、「根ズレに弱い」というのがあります。また、ライントラブルが発生しやすい為、初心者が扱うには非常に難しいラインです。

使う際の注意点は、必ずショックリーダーを付け、ドラグはやや緩めに設定しておくことが重要です。

PEライン

line04
フロロライン、ナイロンライン、ポリエステルラインに比べて、もっとも軽いPEラインです。
キャロメタルジグを使った遠投の釣りで使われ、ジグヘッド単体でも浮力から表層から中層を探るときや、重めのジグヘッドを使用したワインド釣法で使用します。
ラインが張っている状態の感度がかなり良く、引っ張り強度もかなり強いのが一番の特徴であり、0.2号でナイロンの「2号」ほどの強度を誇ります。

デメリットとしては、「強風時はラインがよれる為に使いづらい」、「擦れに弱い」、「価格が高い」ことです。

ショックリーダーについて

ショックリーダーとは、メインラインの先端に結ぶラインです。メインラインが障害物に擦れて切れたり、魚の歯で切られたりするのを防ぐ働きがあります。
アジングの場合は、ショートリーダーといって20cm~30cmのフロロリーダーを結び、アジの歯で切られるのを防ぐというのが大きな目的になります。

0.2~0.4号のフロロラインを使う場合や、ポリエステルラインを使う際は、0.8~1号のフロロリーダーを使用しましょう。30cm以上のデカアジが釣れるところは、アジの歯で切られてしまうので「2号」ほどのフロロリーダーを使用すると良いです。
メインラインとリーダーは、トリプルサージェンスノットや、エイトノットで結ぶと強度もあり簡単です。

また、ルアー専用のリーダーが多く発売されていますがどれも割高です。おすすめは「浮き釣り」で使用するフロロカーボン製のハリスです。50mで600円ほどの価格のもので十分です。

まとめ

初心者の方はジグヘッド単体用のラインであれば、耐久性・使いやすさから「フロロライン」から使用することをお勧めします。まずはフロロラインで細いラインでのアジングに慣れましょう。そして、更なる感度操作性を求めたければ「エステルライン」を使用すると良いと思います。
なお、エギングやシーバス釣りなどでPEラインの操作に慣れている方であれば、「エステルライン」は違和感なく使用出来ると思います。

また、遠投用のタックルとして「PEライン」をセットしたタックルを別途用意しておけば釣りの幅が広がると思います。

 - タックル, ライン