アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングポイント – 漁港の攻め方はこうだ!

   

fishingport01

アジングのポイント選びは漁港になることが多いと思います。
そんな漁港でのアジングのおすすめポイントを説明していきます。

スポンサードリンク

まずは外灯付近をチェック

fishingport02
夜間は外灯の明かり集まるプランクトンやベイトを求めてアジが集結するので、てっとり早くアジを見つけたければ外灯から攻めると良いです。なお、外灯付近に群れているアジはサイズが小さいので、サイズアップを狙うのであれば明暗部ボトム周辺を探ると良いでしょう。
また、潮通しの良い防波堤の先端や外海に面した箇所に外灯がある場所が一番好ポイントとなりますが、漁港の奥にある外灯の箇所にもベイトが群れていればアジもそこにいる可能性が多いので、必ずチェックしておきましょう。

また、外灯のあるポイントは人気スポットになるので、休日は人が多くてそのポイントに入れない場合が多いと思います。
先行者がいるところにあえて入り込む場合は、必ず挨拶をして同じ場所で釣っても良いか確認を取りましょう。
そうすればトラブルも回避できますし、話がはずんでその日のヒットパターンを教えて貰えるかもしれません。

ミオ筋(船道)を把握しよう

fishingport04

ミオ筋と呼ばれる船の通り道は他の場所より水深が深くなっており、魚の通り道になります。また、ミオ筋の駆け上がりには多くの魚が付いており、当然アジも駆け上がりに見を潜めていることがあります。
夜は暗くてミオ筋はわかりにくいので、日中の明るい時間帯にミオ筋がある場所を把握しておきましょう。

また、日中のアジは暗いところに見を潜める性質があり、漁港内に居付いているアジはミオ筋の底に溜まっていることが多いです。その為デイゲームのアジングをする場合は、このミオ筋を優先的に攻めると良いでしょう。

なお、ミオ筋は大抵岸壁から離れた場所にあるので、軽いジグヘッド単体では距離が届かないことが多いです。
よって、距離が出せる「キャロ」「スプリット」「メタルジグ」を使って攻めると良いでしょう。

停留している船を観察しよう

fishingport06
夜間の外灯付近に停留している船の影や船底にはアジが身を潜めている場合があります。もちろん日中でも同じです。
なお、船がたくさん停留している漁港ではそのすべてを探るのは大変ですので、以下の条件が成り立つ場所を攻めてみましょう。

  • 船が並んだ中で特に風も波もないのにギーギー音を立てて揺れている船の付近
  • 全ての船が風や流れで動いている中で、逆に動きが少ない船の付近

上記の2点は、潮流や風による影響がある中でその箇所だけに「変化」があり、そういった場所にアジは身を潜めます。皆、防波堤の先端や外灯付近に目が行きがちであり、誰にも攻められていないことが多いので意外と穴場となります。

注意点として、船やロープにリグを引っ掛けないように細心の注意を払ってください。キャスト精度に自身が無い方は手を出さないようにしましょう。

スロープにベイトが溜まっているときは要チェック!

fishingport05
スロープと呼ばれる船を陸に上げるための斜面は、エサとなる小魚の群れが回遊することが多く、小魚を狙ったフィッシュイーターが追い込んで捕食します。当然アジもフィッシュイーターですので、小魚が多くいる場合はアジも寄っている可能性があります。
ただし、シーバスがいる場合は逆にアジが追われている可能性があるので、警戒心が高くなり釣れなくなる場合があります。

風が強い日は風下の奥のスポットをチェック!

fishingport07
風が強い日はベイトの溜まる風下のスポットにアジがいる場合があるので要チェックです。

まとめ

全国各県にたくさんの漁港がありますが、1か所毎に違った特徴があります。
皆さんの行きつけの漁港があると思いますが、通いつめてその漁港の特徴を理解し状況にあわせたポイント選びができれば、他の人との釣果も差を付けることができると思います。

また、アジング以外のルアー釣りでも同じことですが、ベイトフィッシュがいなければ魚の捕食スイッチは入りません。
ベイトフィッシュは光に集まる習性があるので灯りの周りがベストポイントになりますが、実績ポイントであってもベイトがいなければ移動してベイトがどこにいるかを探した方が良いでしょう。

次「アジングポイント – リバーアジング 夏は河口を狙え! 」

 - ポイント選び, 基礎 , , ,