アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングにおける満月と新月の違いを理解する!

   

moon

今回は満月新月のアジングの違いについて説明していきます。

スポンサードリンク

アジと光の関係

満月の日では新月と同じように常夜灯回りを攻めても良い結果は得られにくい場合が多いです。これは満月の日ほどサイズにより居着く場所に差が出るからです。
なぜこのようになっているかというと、アジはサイズによって視力が違う為です。 つまり、視力の良い大型は水深の深い所やストラクチャー周りを好み、 小型は視力にまだ難があるため光が必要になり、新月の時と同じ場所を回遊していたりします。

満月で問題になるのは光で底が見えるほどの透明度が高く、かつ明暗の違いがクッキリしている場合となります。こういう場合直接的な光を苦手とするアジは、光と闇の境界にある「グレーゾーン」のような場所を好む傾向があります。なお、そこから更に暗いゾーンでは更に大きな型がいたりします。
これはデイにおいても重要な考え方で、 外敵などがいない環境以外では大型はなかなか浮上してきません。

満月アジングでは「闇」を撃て!

満月
満月の夜には、月の光で堤防などで作られる「大きな影」を狙い打ちにします。満月の日のアジはこういう場合は影に潜みやすいのです。

また、流れによりベイトが溜まりやすい場所を知っているので、 下図のような沖堤防などが見える漁港は有望です。この場合は、沖堤防へキャストできる飛距離は重要なアドバンテージになります。
moon2

足元しか狙えないジグヘッド単体の弱点はまさにこういうシチュエーションなのです。その為満月アジングでは、沖の切れ波戸を狙う為に飛距離の出る「キャロ」は必須アイテムとなります。
また、アジは酸素濃度の濃いエリアを好むと推測され、「影がありつつも潮が走っているエリア」が有望となります。これは満月アジングでサイズを出すために大切な概念といえます。

満月アジングはランガン必須!!

闇は満月光によって作られた「影」です。 この影が、どの方向から、どんな風に、どのように見えているかが肝であり、月の動きに合わせて「闇」の位置を先読みする必要があります。ゆえにアクティブに動かねばなりません。そこに潮流の要素を加えて、群が通過していくルートを予測するのです。そして、群が通過するルートと群がステイしそうな沖の切れ波止、それでできた影、その周囲の沈み根、波消ブロックとその周囲等を考え、徹底して打ち込んでいくのです。

なお、月は地球の周りを公転している為、太陽と同様に私達の頭上を移動します。その為、月明かりが創りだすストラクチャーの影は、月の移動とともに変わっていきます。
つまり、満月の夜は月の軌道によって出来る影を予測し、先手、先手で場所移動を繰り返す攻めの釣りが重要なのです。

moon3
図の例で行けば、時間が経過する毎に月は東から西へ移動しますので月明かりに作られた「闇」も移動します。それにあわせて対岸の防波堤に先読みして移動しておくと良いでしょう。

新月は待ち伏せの釣り!

新月では、常夜灯、潮流による待ち伏せの釣りであり、「回遊待ち伏せ型スタイル」と言っても良いでしょう。
この新月でのアジングは場所取りが重要なアドバンテージとなります。そして、こういう場所に常夜灯という状態が作られた事で、「光を嫌う」性質があるアジは、強い光のある先を通れずある一定の明るさと暗さの中間点でステイします。流れに反発した力をうみながら、ステイを続ける必要があります。流れに対して逆らいエネルギー消費がおきて、活発にエサを捕食する「ボイル」が起こります。

また、新月時は常夜灯の明かりが強い所が良いと考えがちですが、実は周りが暗ければ自動販売機や家の門灯レベルの灯りでもアジは寄って来ます。
要は「闇」に対比して少しでも明るければ良いのです。簡単に言えば自分の陰が海面に映ればそれでOKなのです。

まとめ

簡単に満月と新月アジングの事を述べると、

  • 新月アジングは「光」を撃て!
  • 満月アジングは「闇」を撃て!

となります。
アジングに限らず夜の釣りにおいては外灯のある場所が一番選択肢にあがると思います。これは魚が明かりに寄るという要素だけでなく、やはり明るいところは視覚的感覚を用いて釣りができるというメリットがあるからではないかと思います。
「この常夜灯でなければならない」、「このポイントでなければならない」という釣り人の先入観が働いていると、見えるものもいつまでたっても見えないままでしょう。
上記で述べたとおり、満月の夜は「闇」を狙うという要素が重要です。
大潮・小潮・満潮・干潮・波・風という要素に「満月」・「新月」を加えてポイント選定していくと、今迄見逃していたポイントが沢山有るのではないでしょうか?

 - ポイント選び, 基礎 , , ,