アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングは朝まずめ、夕まずめを狙え!

   

morning2

今回はアジングにおいて一番釣果が得やすい「朝まずめ」・「夕まずめ」の解説をしていきます。

スポンサードリンク

なぜ朝まずめ、夕まずめが良いのか?

ベイトフィッシュの活性があがる

morning3
まず朝まずめですが、太陽の上昇により水温が上がること、それに伴い小魚が動き出し、魚にとっての食事の時間になります。
朝マズメが釣れる理由は、夜岸近くにかたまっていたベイトが動き出すので、それを狙ってアジも回遊してきます。ベイトは表層を中心に移動しますので、ボイルが発生しやすい状況となるのです。もちろん、ベイトに着く訳ですから大きいサイズのアジが期待出来ます。

また、朝まずめと夕まずめは小魚が捕食活動を行う為に活性が上がることで、それにつられてフィッシュイーターも捕食活動に入ると言う説もあります。

日の薄さが外敵から身を守る

朝まずめの時間帯は「日の出30分前後」、夕まずめの時間帯は「日の入り30分前後」となり、当然薄暗い状況です。
岸際にはプランクトンなど小魚にとってエサが豊富ですしそれにつられてフィッシュイーターも接岸します。それと同時にカモメなどの外敵にも接近することになります。薄暗ければ捕食に充分な最低限の視界(明るさ)を確保できますし、外敵から身を守る暗さ(鳥は鳥目という弱点があるので)も同時に確保できるのです。

潮の流れが重要

朝まずめ、夕まずめだけにとどまらないのですが、活性があがる要素としては潮の流れが上げられます。
大きく言うと潮の流れと流れがぶつかるところで、潮目が出来ます。潮目に酸素がよく入りプランクトンの活性の上昇に関係していて、イメージとしてはプランクトンのカーテンのようになります。そこに大小の魚が集まり、時合いとかマズメとか言われるゴールデンタイムになります。
また、回遊する魚を中心に基本的に魚は逃げる時のエネルギーを残しているために自分のエネルギーを極力使いません。普段は波や潮の流れに乗って移動しています。これも、潮回り次第で高活性になる意味では関係します。
なお、漁港の内側では潮の流れが弱い為、外海に面した場所で流れがしっかりとあり、ベイトが付いているところは朝まずめにボイルが発生しやすい条件となります。

まずめポイントはどうやって探す?

まずめポイントの探し方ですが、スバリ釣り具屋で聞くのが一番です。
毎年各地域で朝まずめ、夕まずめに大アジが回遊してくる時期と場所は決まっています。
その為、そのポイントを知っている人達はその時期に集中して人が一斉に集まります。そうなると、必ず釣り具屋やネットにて情報はまわってきます。
よって、釣り具屋のホームページは念入りにチェックしておきましょう。

人の多くないポイントを探すのであれば、自分の足で見つけるしかないでしょう。
実際に自分だけの「マイまずめポイント」を持っている方は、何度も通い再現性(パターン)を見つけ出しているはずです。

なお、そこまでサイズを求めないのであれば普段通っている漁港の潮通しの良いで待ち構えると良いでしょう。

まとめ

朝まずめ、夕まずめの時間は非常に短い為、短期決戦となります。
その一瞬に備えて、リグのメンテナンスはしっかりしておきましょう。
またメインライン、リーダー共に太めにしておくと不意な大物にも対処できると思います。
開始早々にラインブレイクしてしまい、リグを再セットしている間にまずめ終了なんてことも良くあります・・・。
一番最高なタイミングを逃すことの内容に準備はしっかりと整えておきましょう!!

 - ポイント選び, 基礎 , ,