アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジング釣行記 - 第3回 邪道エギング開幕!マズメアジングもあり(後編)

      2016/01/13

DSCN0184
前「アジファン釣行記 – 第3回 邪道エギング開幕!マズメアジングもあり(前編)」

スポンサードリンク

朝マズメは餌師との戦い

ケンサキイカを数釣りした「○○方面」からのんびりと2時間かけて移動し、5時半頃にホームの漁港に到着。

ここは外海に面したコの字型の大きな漁港です。
アジやイカはもちろん、秋は青物も釣れる私の地元では一番有名な漁港です。
ただ、外灯がないのでアジングにおいては朝夕マズメが一番釣果が上がります。

なお、今回の朝マズメアジングは、NEWロッドの初おろしが目的でもあります。

実は、正月セールで以前から気になっていた「月下美人MX AJING511UL-S」を購入したのです♪
通常の実売価格は20000円程ですが、正月セールで16000円まで値下がりするとの事だったので予約していたのです。
なお、このロッドのインプレ記事は使い込んでから上げたいと思います。

話を戻しますが、釣具屋の店員さんの情報では、漁港の内側で釣れているということでしたので早速向います。
先行者は4人で、全員遠投カゴ釣りの常連っぽい爺様達です。

挨拶をして状況を確認すると、今のところ豆アジしか釣れていないとのこと。
ただ、前日、前々日ともに日の出1時間前くらいから良型が釣れ出したとのことです。
日の出の時刻は7時半頃なので、あと1時間もすれば釣れ出す予想になります。

ただし、それは餌釣りに限った話であって、釣具屋の店員さんからはルアーでは厳しい言われています。
とりあえずアジがいるのであれば釣れる可能性があるので、餌師の横で釣ることにしました。

コマセパターンということで、ジグヘッド0.8gにワームは34の「オクトパス あめいろ」をチョイス。
表層から中層を漂わせる方法で試しますが、餌師全員そろって遠投する為、キャスト範囲にはアジの反応が無い・・・。

そうなると遠投するしかないということでキャロで攻めるも届かない・・・。
なんでカゴ釣り師って遠くに投げたがるんですかね?

メタルジグに変更し、ようやく浮きの範囲に届くようになりましたがまったく反応なし。
禁断の「ジグサビキ」なんかも試すも全くダメ・・・。

そんな私の状況を尻目に、餌師達には良型アジが次々にヒットし出します。
完全に朝マズメパターンに突入です。

かという私は何やってもダメで打ちのめされてしまい、爆釣でテンションMAXな爺様達を見ながら逃げるように場所を変えることにしました・・・。(泣)


起死回生のマズメポイント発見

さて、良型アジが入って来ているのは分かったのですが、アミに酔っていないアジがいるかどうかです。
周りも徐々に明るくなってきており、早く探さなければ時合が終了してしまいます。
防波堤内側を見渡しますが、ベイトがいるような気配はありません。

とりあえず餌師から離れた場所でやるも反応無し。
「アジは撃沈か~」と嘆きながら車に戻ろうとしているところ、ちょうど防波堤の「コの字」の角で外海に向かって釣りをしているルアーマンを発見。
状況を確認すると、カサゴ狙いで2匹釣れたとのこと。ブレード付きのメタルバイブを投げていました。

なお、この防波堤の外側は海面まで5m以上ある為、大物が掛ると抜き上げが大変になります。

とりあえず自分も外側に向かってキャストしてみると、着水と同時に15cm程の豆アジがヒット!
外側にもアジがいるじゃないですか!!

なお、使用ワームは「マイクロクローラーアジングカスタム3インチ」です。
それから豆アジラッシュ。

ひょっとするとボトムに良型がいるのではないか?と考え、ワームを必殺の「ガルプ マイクロクローラー4インチ」に変更。
ジグヘッドも1.5gに変更して、ちょい沖目のボトムを探ります。

フォール中にアタックしてくる豆アジのアタリを無視してボトムまで着底させ、チョンチョンとアクションを入れるとヒット!

DSCN0183
狙い的中!25cmのアジです。
足場が高いので、抜き上げが大変です。

それから、もう一匹20弱を掛けますが、上アゴにフッキングしていない・・・。

その後もアタリは連発しますが、Newロッドに変えたことによる感覚の違いの為かフッキングがしっかり出来ていないようでバラシを連発してしまいます。

Newロッドの穂先は「メガトップ」という柔軟性のある素材が採用されており、豆サイズであれば自動的にフッキングしてくれる感があるのですが、良型になればしっかりアワセをいれないとちゃんとフッキングしないようです。

その為、バイトがあってから少し間をおいてしっかりと合わせをいれると、次はガツッとフッキングします。
サイズはそこそこで抜き上げが大変でしたが、なんとかキャッチ。
急いでいたため写真を撮り忘れましたが、27cmありました。

そして、次の1投でまたも同じ方法でヒット!

今回はかなり大きい!
どんどんドラグが出て行きます。
尺越えは間違いないでしょう。

なんとかバラすことなく浮かせることが出来たのですが、問題はランディングです。
27cmでもギリギリだったのに、尺超えサイズで抜き上げに耐えれるのか?
なお、ラインはエステル0.3号です。

悩んでもしょうがないので頑張ってブリ上げてみますが、案の定リーダーとの結束部で切れてしまいます・・・。
尺アジ君、申し訳ない・・・。m(_ _)m

直ぐにリーダーを結び直し、再開しますが反応が無くなっている。
なんと10分間という短時間で時合終了してしまいました。残念・・・。
日も完全に上がってしまったので終了しました。

DSCN0184
キープは3匹とちょっとモノ足りなかったですが、NewロッドでMax27cmをキャッチ出来ましたし、尺アジも掛けることが出来たので良しとしましょう!
しかし、NEWロッドに慣れる為にはまだまだ修行が必要です!

なお、今回たまたま見つけた朝マズメのポイントですが、翌日知人に調査をお願いしたところやはり10分程で時合は終了したということです。
しかし、冬いっぱいはこの時合は続きそうなので、定期的に通ってみたいと思います。

なお、今回の釣行で改めてわかったのが、海水温がかなり温かいということです。
もう1月というのにこの暖かさだと、春に産卵するアジがうっかり抱卵してしまうかもしれませんね。
さらに、大型のイカもまったく寄ってくる気配がありませんので、ここらでガッツリと寒波が来てもらいたいものです!

 - アジファン釣行記 , ,