アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジファン釣行記 - 第7回 ギガアジ狙うも撃沈の巻

   

20160622_0

前回「アジファン釣行記 - 第6回 そこはキジハタのパラダイス!(後編)」

前回のキジハタ釣りから帰宅し、眠気を堪えながら家族サービスをしていると知り合いから着信が・・・。

私:『もしもし?』
知人:『ギガアジ祭りが始まったみたいだよ!』
私:『なんですと~~~?』

ようやく・・ようやく待ちに待ったのギガアジ達がやって来たか!

そうなのです。私のホームエリアには毎年梅雨の時期に「30~50cm」のビックサイズのマルアジの群れが回遊してくるのです。
マルアジというとちょっと残念な感じがありますが、デカければそんなの関係ない!!

ちなみにトップの写真は一昨年に釣った35cmUPのマルアジです。
一昨年はかなりの大軍が押し寄せてきてましたが、去年は群れが少なく撃沈、そして今年に至ってはまだ接岸情報が入ってきませんでした。
なお、このギガアジ回遊情報が出回ると、それを狙えるポイントは終日満員御礼状態になります。
なので5月の時点で6月中旬には回遊してくることを見越して、ちゃっかり平日に休みを入れており、その休みがちょうどその日の翌日!
平日ということで人も少ないはずなのでこれは行くしかないということで、何とか許可をもらい出撃することにしました!!

スポンサードリンク

ギガアジ期待するもまったく気配なし??

当日、ギガアジポイントに朝4時過ぎに到着。日の出まであと30分ほどです。
ギガアジの時合は日が昇ってから1時間くらいがピーク。釣人は私を含めて5人で皆ギガアジ狙いです。

日が昇るまで皆で話をしていましたが、皆とある釣具屋のHPで情報を仕入れてきたとのこと。
さらに前日の夕マズメには44cmが上がったという情報も耳にします。

これは気合いが入る!!!

それぞれポイントにバラけて、時間を掛けて念入りに準備します。
用意したタックルは3本です。

【タックル】
①ジグヘッド単体 + スプリット2g
ロッド:月下美人MX AJING 511UL-S
リール:15ルビアス2004
ライン:エステル0.3号
リグ:レンジクロスヘッド0.6g + マイクロクローラー4インチ

②ジグヘッド単体(ワインド用)
ロッド:月下美人MX AJING 611L-S
リール:12レガリス2004
ライン:フロロ0.8号
リグ:尺ヘッド5g + マイクロクローラー4インチ

③メタルジグ用
ロッド:エメラルダスMX86ML
リール:14エメラルダス2508PE
ライン:PE0.6号
リグ:シーライドミニ9g、バイスライダー10g、陸ジグ10g

天候は向かい風5mでそこそこ強く、小雨が降っており少々釣りにくい状況です。
うっすら明るくなったのでスプリット付きジグヘッド単体からスタート。
キャスト後テンションフォールでまずは探りをいれるとゴツゴツとアタリがあるが乗らない・・・。

確認の為にワームサイズを落としてみるとヒット!そして上がって来たのは・・・またしてもサバゴ(汗)
今年はサバゴ多すぎじゃないですか?

どうやら足元から10mほどは先はサバゴで埋め尽くされているようで、他の方もサバゴラッシュに苦しめられています。
これはジグヘッド単体では厳しいと判断し、飛距離を出すためにワインド用タックルに持ち変えてちょい先を狙いますが、10~30m範囲では全く反応がない・・・。

うーん、今までの経験であればこの範囲内でもギガアジがヒットしていたのですが・・・。
もしかして全く入って来ていない???(汗)

そうしていると、自分の隣で釣っていた方がメタルジグで中マアジを連続ヒット!

それを見て、私もメタルジグタックルに持ち替えます。
まずはシーライドミニ9g(テントウ)をセット。

フルキャストして着水後、軽くサミングをしながらボトムまで落とします。
カウント20で着底。

そして、フワッフワッと数回軽くシャクリを入れてテンションフォールを入れると「ゴゴッ!!」とバイトがあり合わせを入れてヒット!
上がって来たのは隣の方と同じく中マアジ。今日は君じゃないんです・・・。
なお、逃したくないのと雨でスマホが濡れるのが嫌だったのでほとんど写真は取ってません(笑)

続けて同じパターンで狙うも、同サイズのマアジが連チャン・・・。
青アジは入ってないのか・・?撃沈の予感です。



相変わらず調子が良いキジハタ君

釣りを開始して30分が経過し、まだ誰にもギガアジはヒットしていません。
皆、メタルジグでの遠投で中マアジを釣っていますが手前側を狙っている人はいません。

ひょっとすると手前側にいるかも知れないので、念入りに足元まで探っているとガツンと強烈なあたりが!!
やっと来たか???と心臓バクバクでしたが、トルクのある引きで下に下に潜ります・・・。

20160622_1

そして上がって来たのは予想通りのキジハタさん。30UPの良型です。
普段だったらめっちゃ嬉しいのですが、この日は複雑な気分・・・。
その後同じパターンでキジハタとカサゴを追加し、足元付近のチェックは終了にします。

となるとやはり狙うは沖しかないということで、またメタルジグをフルキャストします。
次はフォール中にヒット!しかしまた小さい・・・
釣り上げるとマアジではなく15センチほどの小マルアジでした!!

お!!サイズは違うが本名のマルアジ!群れが入って来たか?と気合いを入れて皆と気合を入れて狙います。
がしかし、釣っても釣っても小マルアジ。20匹ほど釣ってギブアップ・・。

釣り場にいた全員ギガアジを釣ることが出来ず、皆ションボリと帰宅していきました。

メタルジグでアジングが釣れたことが収穫!

持って帰った中マアジのお腹を捌いてみると、シラスサイズのメイトがびっしり!
なお、掛りどころが悪くてリリース出来なかった小マルアジも捌きましたがお腹は空っぽ・・。
例年であれば10cm程のカタクチイワシが入ってくるのですが、その群れがいなかったのでまだギガアジの大群が入っていなかった原因一つのかと。

なお、今回の収穫は容易にメタルジグでのアジングが成立したことです。
ジグヘッド単体の釣りは面白いですが、狙える範囲は狭いです。
それに比べメタルジグは手返しが早く、かつ広範囲を探れることが良いですね。

普段メタルジグを使わない人にとっては、メタルジグでアジ釣れる感覚が分からない方が多いのではのではないかと思いますが、意外と簡単でアクションはスローなエギング感覚と思って貰えれば良いかと思います。

このメタルジグでのアジングは現在私も一番ハマってますので、私が愛用している使っているメタルジグの紹介や操作方法を詳しく説明したいと思います。

 - アジファン釣行記 , , ,