アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングテクニック - ベイトが多い時はメタルジグを活用しよう!

   

jig02

秋にアジのエサとなるカタクチイワシが接岸し、それを大型のアジが追いかけているときは、沖合でナブラが立つことがあり、そのような沖合いではワームなどの軽量ルアーでは届かないので、メタルジグなどのハードルアーが役に立ちます。
メタルジグは、スプーンのようにただ巻きで動くものから、ジャークさせないと動かないものや、フォールでひらひらと魚を引き付けるものと、種類は多種多彩です。

そんなメタルジグを使用したアジングを今回は説明していきます。

スポンサードリンク

メタルジグのアジングの基本

jig01
日中問わず使用出来るメタルジグ。メタルジグを使用するアジングの利点は以下の通りです。

  • 圧倒的な飛距離で沖合でのアジのボイルを狙える
  • ボディの反射によるアピール力で、ベイトについているアジが高反応を示す
  • フォールスピードの速さと落ちていく時のひらひらで、リアクションでのバイトを誘発

基本的なアクション方法は、キャスト後いったんボトムに沈め、ハンドルを巻きながらチョンチョンとシャクリを入れ、カーブフォールで食わせるのが一般的です。
他には、ロングジャーク後にロッドを素早く下げてテンションを抜いてジグをふらつかせることでリアクションバイトを誘発するやり方や、青物のライトショアジギングと同様で、ハイピッチジャークでガンガンシャクってアピールをしたりもします。
その時の状況に合わせてジグサイズやアクションを変更して行きます。

軽量メタルジグを使用したフィネスジギング

フィネスジギングとは簡単に言うと「3g~7g」までの軽量メタルジグとライトタックルを使うジギングのことを言います。
表層から3秒、5秒、10秒・・・と言う具合にメタルジグを沈下させてそのレンジ内でアクションを加えて誘い、フォールで食わせます。
同じレンジでもアクションの付け方、強弱、フォールスピードと言うジグの操作はもちろんのこと、使うメタルジグのウェイトバランスを変えたりすることで魚からの反応を伺います。
状況によってスローな動きに反応したり、早い動きに反応したりする為、その時の魚の活性に合わせたアクションが必要になります。
フィネスジギングは他のルアーと比べると、こういう些末な部分に対応しやすいスタイルの釣り方だとも言えます。

フィネスジギングのタックルについて

フィネスジギングのタックルですが、ロッドは張りがあるメバリングロッドが使いやすいです。
また、ラインは伸びの無いPEラインを使用します。伸びがあるフロロラインやナイロンラインを使用すると、アクションがリグに伝わりにくい為お勧めしません。
なお、ポリエステルラインは伸びが少ないのでアクションの部分では問題ありませんが、耐久性ば無い為にフルキャスト時に高切れしてしまう可能性がある為、強度的にもPEラインがお勧めです。
ジグヘッド用とメタルジグ用ではロッド・ライン共に異なる為、それぞれのタックルを用意しておくと釣りの幅が広がって良いでしょう。

フィネスジギングの参考動画

以下の動画ではフィネスジギングのロッドアクションやメタルジグの水中の動き方などとても分かりやすいので是非ご覧になって下さい。

カタクチイワシが接岸している場合はチャンス!!

カタクチイワシが接岸する秋には、朝まず目や夕まず目に大型のアジがカタクチイワシを追い回すことが多くなります。
このときは10~20gのメタルジグ使用すると、カタクチイワシとサイズがマッチします。
また、沖合でボイルが発生することが多いので、重めのメタルジグが飛距離的に有利になります。

アクションは基本的にハイピッチジャークで誘いをいれて、途中で食わせの間を入れる感じで良いです。
ロッドは15gくらいまでリグを使用出来る8ft前後のメバル用ロッドや、エギングロッドでも良いでしょう。

動画紹介

以下の動画はエギングの合間にメタルジグでのアジングを行っている動画です。
ロッド操作方法などとても分かりやすいのでご覧になって下さい。

また、以下の動画はアジのボイルが発生している状況下でメタルジグを使用して釣果を出しています。
是非ご覧になってアクションの付け方を学ばれて下さい。

まとめ

アジングはワームでの釣りを連想しがちですが、カタクチイワシなどのベイトに群れている場合はメタルジグの方が断然に良い結果が出る場合が多いです。
その時のベイトの種類を確認し、円滑に対応できるようにジグヘッド用とメタルジグ用でタックルを2本用意しておくと良いでしょう。
なお、カタクチイワシについているアジを狙う場合は、サゴシ(サワラの幼魚)やサバが群れている場合もある為、急な大物にも対処できるようにリーダーは2号以上の太めの物を使用しておきましょう。
また、真鯛やヒラメなどもヒットすることもあり、アジだけでなく多くの魚種を狙うことができるのもメタルジグの面白いところです。

 - メタルジグ, 動画