アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

おすすめアジング用メタルジグ!!

   

jig06
今回はアジングでおすすめのメタルジグを紹介したいと思います。
ライト用メタルジグは各メーカーから発売されていますが、その中でも個人的にお勧めしたいジグを紹介して行きます。

スポンサードリンク

BuleBlue シーライドミニ

jig04

シーライドミニは超スローフォールジグです。また、微振動を伴いながらゆっくり落とせます。
表はフラット面ですが、裏面はセンター重心で突出しており、この形状が驚異のスローフォールを可能にしています。

使い方は簡単で、キャスト後任意のレンジまでカウントダウン後、2~4回軽くシャクリ上げた後にフォールで誘います。
ワームじゃ飛距離が出ない、潮が早くて対応出来ない、シルエットは大きくしたくないけど、一般的なメタルジグよりもゆっくりとフォールさせたいといった時に有効なジグです。

また、サイズは「3g」・「6g」・「9g」とありますが、流れの緩い時やベイトが小さい場合は「3g」を、逆に潮の流れが速いがゆっくりと誘いたい場合は重めの「6g」・「9g」を使用すると良いでしょう。

値段は700円前後と少々高めですが、シーライドミニのスローフォール性能を体感すると、フィネスジギングでは手放せなくなるでしょう。

ブリーデン メタルマル

jig03
メタルジグというよりもスピンテールの分類になるのですが、アクション方法はメタルジグとほぼ同様ですので取り上げました。
「魚種限定解除」と謳われるほどの多くの魚種に対して有効なこのルアーは、もちろんアジに対しても有効です。
タダ巻きOK、リフトアンドフォールOKのオールマイティルアーで、テールのスピナーがフラッシングで魚を誘います。

アジングでの基本的な使い方は、ボトム着底後、連続ジャークでメタルマルを持ち上げ、テンションフォールでバイトを待つ。メタルジグとまったく変わりません。
アジのみならず、他の青物や根魚、真鯛、黒鯛、ヒラメなど多くの魚種が狙えます。なお、テールのブレードがシラスのような小さなベイトに見えるようで、キスもヒットしてきました。

サイズは「13g」・「19g」・「28g」とありますが、アジングでは「13g」・「19g」を使用するのが良いでしょう。
ただ、値段が高いのと、人気商品の為店頭で品切れしていることが多く入手しづらいところが難点です・・・。

以下は開発者の加来氏によるメタルマルの実釣動画になっていますので、アクションなどを確認して見て下さい。

がまかつ 陸ジグ10g

jig05
値段は500円ほどでお買い得で、店によってはワゴンセールで安売りしていることがあります。
リア(尻尾部)に重心があり、フォール速度が速く飛距離を出せます。そのフォールスピードからキビキビとしたフォールアクションが可能で、ベイトを追い回しているアジには有効です。

購入時はフックが付いていませんので、アシストフックを付けると良いでしょう。
コストパフォーマンス的におすすめの一品です。

まとめ

私自身がお勧めのメタルジグをご紹介しましたが、釣り具屋で300円ほどで安売りされているメタルジグでも釣れる時は十分に釣れます。
ただ、メタルマルではブレードによるアピール力であったり、シーライドではスローフォール性能であったりそれぞれの「個性」があり、その個性を旨く活用すれば他のメタルジグよりも高反応を得やすくなりなる状況は確実にあります。
ただ人気があるというだけで購入するのではなく、自分が使うメタルジグの特徴をしっかりと理解して使いこなせるようになりましょう。

また、メタルジグでのアジングは一年中遊べます。タナを見つけることが難しいのですが、それこそが醍醐味でもあります。一度群れを見つけると連続ヒットも夢じゃありません。メタルジグを旨く活用して是非楽しんでみて下さい。

 - メタルジグ, リグ, 動画