アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

邪道エギング - 『早福型/邪道編』をより詳しく説明!

      2016/01/13

DSC_0124
今回はキーストンの邪道エギング『早福型/邪道編』をより詳しく説明していきます。

前回『邪道エギング知ってますか? - キーストン「早福型/邪道編」』

スポンサードリンク

『早福型/邪道編』のラインナップ

keystone10

V0タイプ(Very Slow)

V0タイプは、沈下速度が一番遅いタイプで、重量は「約15g」となっています。1mを約10秒くらいかけて沈みます。
V0が威力を発揮するのが、「水深の浅い場所」・「流れの緩い場所」です。また、常夜灯の周辺に群れているのヤリイカにもこのスローフォールが有効です。

V1タイプ (Standard)

スタンダードタイプのV1タイプです。重量は「約16g」です。1mを約3~4秒で沈下します。
オールマイティーに使用できるので、まずはこのV1から使用してその日のパターンを探すのが良いでしょう。
いろんな条件で使うには、このV1が間違いないです。

V2タイプ (Very Fast)

V2タイプは冬の時期の強風対策として、または足場の高い釣り場で活躍します。重量は「約19g」です。1mを約1~2秒で沈下します。
流れのある釣り場でも非常に使いやすいタイプです。

V3タイプ (Very Very Fast)

V3タイプは他のタイプに比べ断然に重く、なんと重量は「約27g」です。沈下速度は、1m1秒もかかりません。
強風や激流でも、お構いなしに着底が取れます。また、強風でもラインが張れるので、アタリも鮮明です。
なお、こんなに沈下速度が速くても、ヤリイカやスルメイカはフリーフォール中に抱いてきます。
底べったりに張り付いているイカにも最適です。

keystone05
上図は上から「V3」、「V2」、「V1」、「V0」の順番になっています。ナマリの大きさだけでなく、ナマリの位置や形もタイプ毎に細かく調整されており、これによりフォール時に最適な体勢を取ることが可能となっています。

カラーについて

keystone011
『早福型/邪道編』のカラーラインナップは「グロー(全夜光)カラー」「ダードカラー」がありますが、ケンサキ、ヤリイカ、スルメイカを狙う際はグローさえあれば問題ありません。
なお、グローカラーは「フルグローホワイト」、「イエローグローグリーン」、「ピンクグローホワイト」の3種類があり、イカの活性に合わせて使い分けが必要となります。

使い分けとしては、イカが高活性時には「フルグローホワイト」を、低活性時には「ピンクグローホワイト」「イエローグローグリーン」はオールマイティに使用します。なお、初めの一本はイエローグローグリーンで間違い無いです。

蓄光量について

keystone06
上図はブラックライトで蓄光させたものです。「ホワイトグロー」はかなり蓄光量が多いです。これが離れた場所にいる高活性なイカをガンガンアピールします。「ピンクグローホワイト」は上部のホワイトは明るく、腹部は程よく発光しています。続いて「イエローグローグリーン」は腹部のみが程良く発光しています。
なお、蓄光力はかなり強い為、外灯のあるエリアではあえて蓄光する必要はありません。街灯が無い場所ではヘッドライドの明かりで十分蓄光します。(ブラックライトだと蓄光が強すぎるかも・・。)

まとめ

『早福型/邪道編』はグロータイプだけでも重量・カラーだけでも10種類以上のラインナップがありますが、初めての方はまずは「V1タイプ」の3色を揃えるとことをお勧めします。私自身の経験ですが、同じV1タイプでも「ピンクグローホワイト」を使用していた私には入れ食いで、「フルグローホワイト」・「イエローグローグリーン」を使用していた同行者には全く当りが無いということが何度もありました。その為、その日のイカの活性に合わせたカラー選択が釣果に大きく影響します。

邪道エギングについてはキーストンホームページでより詳しく解説されていますので、興味のある方は是非ご覧になって下さい。見れば絶対に邪道エギングの虜になること間違いなしです!

キーストン 冬のショアケンサキを攻略

 - エギング , , ,