アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングテクニック - アジングスプーンを活用しよう!

      2015/12/09

spoon00
「スプーン」は管理釣り場でのトラウト釣りの際に使用することが多いリグですが、アジングでも有効なリグのひとつです。
そんな「スプーン」の使い方から、おすすめの商品までを紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもスプーンはアジングに効くのか?

「スプーン」の一番の特徴は「飛距離を出しつつスローに誘える」ことだと思います。
スプーンはその湾曲したフォルムの効果でユラユラ落ちるので、同じ重さの 「ジグヘッド」や「メタルジグ」に比べてもよりスローに誘えます。
また、スプーンはメタルジグやキャロに比べて「場が荒れにくい」というメリットもあります。同じ場所で投げ続けても魚はスレにくいので、釣れ続く事が多いです。

以下でおすすめのスプーンとメソッドを紹介して行きます。

月下美人 アジングスプーン

spoon01
なんと重量が「1g」でジグヘッドと同様に使えるスプーンです。ボディの大部分が樹脂でできているため、この大きさで1gという軽量化を実現しています。
そのため、フォールはフラフラとスローフォールになるのでアジやメバルに食わせの間を十分に与えることができます。
ハードルアーの部類ですが、スローフォールで発生する波動はどちらかと言えばワームに近いかと思います。

また肝心な飛距離ですが、樹脂製ということで1gのジグヘッドに比べると多少落ちますが、特に影響はないです。
表層や中層にルアーを漂わせつつ誘いを掛けたいが、ジグヘッドでは沈降速度が早すぎる、しかしフローターに組み替えるのは面倒というときに活躍するルアーだと思います。

また、1gと軽量なのでエステルラインでもワームのローテーションに混ぜて投げられるので使い勝手が良いです。

デメリットとしては、引き抵抗が小さくレンジキープが難しい為、水中のルアーの位置を把握しにくいことと、シングルフックなので小アジだとルアーを弾く事が多くなることかと思います。。



APOON’ 2g/3g

spoon03

沖縄で最も愛されているスプーンルアーがこの「APOON」で、アジングにおいてとても効果的です。
「APOON」の最大の特徴は、一般的なスプーンに比べて「肉厚」でシルエットが小さいことです。
spoon04
この肉厚のおかげで動きに「ばたつき」が出るので、「リフト&フォール」の釣りに向いています。
同じ2、3gのジグヘッドやメタルジグに比べてフォールスピードを抑えることが出来るので、よりアジにアピールが出来ます。
また、メタルバイブの様にアクションさせるのも有効で、ボトムからフワフワと跳ね上げたあと、ロッドを固定してテンションフォールさせるとたまらずアジがアタックしてきます。

なお、「APOON」は本土では店頭で扱っているお店はほとんどありません。
こちらからネット通販ができますので興味のある方は是非お試し下さい。

株式会社YOSEMIYA 通信販売

スプーンとワームを使用する「アジスプ」

spoon02
スプーン単体ではなく、スプーンの動きをワームに伝える釣法で、ゼスタのフィールドテスターである一瀬氏が考案したリグです。
まずこの釣りはアジをスプーン単体で釣るメソッドではなく、スプーンは「集魚器」、ワームを「エサ」として使用します。

有効な場所

スプーンは5~10gまでのラインナップがあり、遠投が効きますので広範囲に攻めたい大場所や水深のある堤防やサーフ、磯場など幅広いエリアをカバーすることができます。
常夜灯の明暗の境や沖のブレイクラインなどもトレースすることができるため広範囲のアジを寄せて食わせることが可能となります。

アクション

アクションはいたってシンプルかつ簡単で一定のレンジでのタダ引きか、ゆっくりとしたリフトフォールのメソッドで探っていきます。
今までジグヘッド単体の釣りでは、「シェイキングアクション」や「L字釣法」と言われるロッドアクションを行ってアジの食い気を誘っていましたが、「アジスプ」ではただ巻くだけで似たようなアクションを発生させることができてしまいます。
さらにスプーン特有の形状によりレンジキープが非常に得意であるため、細かいレンジに探りを入れることができます。

タックル選び

使用するロッドはメバルロッドなどの「チューブラーロッド」が扱いやすくおすすめです。ソリッドティップでも問題ありませんがチューブラーロッド特有のトルクのあるベリーでスプーンが受けた水流をつかみトレーラーのワームへとアクションを伝達させづらいように感じます。
ラインは基本的にはPEライン「0.2~0.4号」、リーダーはフロロの2号を1m使用します。

動画紹介

「アジスプ」の実況動画がありますのでご紹介します。

まとめ

アジングで使用するリグは、今まで紹介しただけでも「ジグヘッド単体」、「メタルジグ」、「キャロ」、「スプリット」、「ダウンショット」、「スプーン」、他にも「プラグ」、「メタルバイブ」など多くの種類がありますが、これはソルトウォーターのルアー釣りの中でも一番種類が多い釣りかと思います。

それだけアジングは他のルアーフィッシィングより特殊性があり、攻略しがいがある釣りです。
言い換えると「難しい」ということのもなるのですが、この難しさこそが皆をアジングに虜にする要因だと思います。

今回紹介した「スプーン」での釣りも、引き出しとして用意していれば、他の人に差を付けれる場面が必ずあるはずです。

是非、この「スプーン」でのアジングも習得してみてください。

 - リグ , ,