アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジングテクニック - スプリットショットリグを活用しよう!!

      2015/12/18

splitsinker1

今回はアジングのリグの「スプリットショットリグ」について説明します。

スポンサードリンク

スプリットショットの利点

スプリットショットは遠投が可能であり、重いシンカーを使えば深棚を探れますが、一番の利点は「広範囲タナを探れる」ことだと思います。
スプリットショットの場合、通常はシンカーより軽いジグヘッドを使います。これによってシンカーが先に沈んでジグヘッドが後から沈んできます。

splitsinker2
上図の仕掛けを見てもらうと、シンカーからジグヘッドの間に「40~60cm」の距離があります。
この距離がある為に、キャストして着水後に海中ではシンカーを支点に仕掛けが「くの字」なります。

splitsinker3

シンカーが先に沈み、ジグヘッドがシンカーを支点に沈んでいきます。そうすると50cmの倍、1mのタナを探れる事になります。
実際には、シンカーもその間沈みますから、もっと広範囲を探れる事になります。またシンカーが重くてもジグヘッドは軽いので沈み方がゆっくりになります。
このフォールの仕方を生かすのが、アジングでのスプリットショットです。
なお、重いシンカーを使うと魚が違和感を感じで離しやすいというデメリットもあります。

初心者にはおすすめのリグ

今の主流の釣り方はジグヘッド単体でフォールで食わしたり、フォール中のアクションで食わすのが一般的ですが、まだ慣れていない初心者の方には風がある日には繊細なアタリを取ることは難しいと思います。
その分、スプリットショットリグだとシンカーが重たい分仕掛けを沈めやすい為、風がある日でもレンジコントロールがしやすくなります。

アジが表層にいるなら、フルキャストして着水したら竿をさびいて糸フケを巻き取るの繰り返しで良く、しかも魚のアタリは仕掛けをさびいてる時にあるので、アワセを入れやすいです。
表層でアタリがなければ「カウント5」、「カウント10」とレンジを変えるだけで良いので巻きの釣りに近い感覚で攻めることが出来ます。

初めての場所でも重めのリグから開始し、広範囲にキャストして表層からディープを素早く探りアジがいる場所とレンジをみつけたらそのポイントにあった重さに調整していけば良いです。
ジグヘッド単体で苦戦している方にはお勧めですので、このスプリットリグを習得しましょう!

スプリットショットリグの動画を紹介

上記動画はスプリットショットリグのテクニック動画になりますので、こちらを確認してスプリットリグを習得しましょう!

 - スプリットショット, リグ, 動画 , ,