アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

ハタ系ロックフィッシュゲームの進め!

   

hata00
アジングをやっていると釣れることが多いカサゴ、メバル、ハタなどの「ロックフィッシュ」。ボトムを念入りに探っていると立て続けに釣れることがあると思いますが、引きが強くて楽しく、食べてもおいしいので釣れると嬉しい魚です。
私自身ロックフィッシュの中でも「キジハタ(アコウ)」狙いに一番夢中になっています。
そんな私が「ハタ系ロックフィッシュゲーム」に虜になった経緯をだらだらと紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

ハタとの出会いから現在に至るまで

私は10年前に「メバリング」を始めましたが、その当時はまだルアーフィッシィングを始めたばかりということもあって表層~中層での「巻きの釣り」がメインでした。
その為、当時はキャストしてから「ボトムを攻める」という概念がありませんでした。
ただ、防波堤の壁際を足元から真下にジグヘッドを落とし、ボトム付近を「リフト&フォール」してカサゴやソイなどを狙うことだけはやっており、それなりに釣れていたのですが、私のホームではこの釣り方でハタ系の魚が釣れることはありませんでした。(ただ釣りきらなかっただけで、実際にはそのエリアにハタはいることは後ほど実証済み。)
また、当時は「メバルは冬にしか釣れない魚」という固定概念があった為、ライトタックルでの釣りは冬~初春のみで、初夏~秋に掛けてはシーバスやカマス・サゴシなどの青物狙いに切り替えていました。

そんなスタイルを2年程続けていましたが、とある年の初夏に鹿児島県に旅行に行く機会があり、その時の宿泊先の近くに漁港があったので、夕方の数時間だけ釣りをすることにしました。
メバルタックルのみ持って行ったので、カサゴでも釣れないかと普段やっている「壁際リフト&フォール」をやってみると、カサゴに交じって20cm前後「マハタ」・「オオモンハタ」が入れ食い状態!
これがハタとの初めての出会いで、今まで釣ったことの無い魚種であった為、ひとりでテンションが上がったのは良い思い出です。
その時はクーラーボックスを持って行ってなかったのですべてリリースしましたが、一度もハタを食べたことが無かったので地元に帰ってからも、なんとかハタが釣れないものかと同様の釣りをやってみましたが、やはりカサゴしか釣れないので、ハタは南部の温かい地方しか釣れないのだろうと決めつけてしまい、それ以降ハタを狙うことがなくなりました。

初タイラバで巨大キジハタ・マハタをゲット!

5年ほど前からショアジギングにハマり、青物狙いで地磯や沖磯巡りをするのがメインとなっていました。
そんな中、初めてオフショアでジギングをする機会があり、朝まずめでヒラゴ、ヤズ、ネリゴがそこそこ釣れたので、日中はノンビリとタイラバでもやろうということになりました。
タイラバは初めてだったので、教えられるがままに「ボトムに落とす」⇒「中層までゆっくり巻き上げる」を繰り返していましたが中々釣果があがりません。
そこで、メバルタックルでやっていた「壁際リフト&フォール」と同じようにボトム付近を探れば根魚が狙えるのでは?と考え、実践してみると直ぐにヒット!
なんと大型の「マハタ」がヒットしました!
hata04
続いて同じようにやると、次は人生初のキジハタがヒット!しかも先ほどのマハタと同様に大型です!
hata03
家に帰ってからサイズを図ると、二匹とも「全長50cm」越え、重量は内蔵抜きで余裕の「2キロ」越えでした!
それぞれを「刺身」、「鍋(しゃぶしゃぶ)」、「煮付」との堪能したのですが、どれも美味であまりの旨さに絶句・・・。
特にキジハタの煮付けの旨さにはビックリで、今まで食べた煮付けの中でダントツの旨さでした。



ショアタイラバでキジハタゲット!

オフショアのタイラバで釣れた「キジハタ」の旨さが忘れられず、頭の中では船でタイラバ釣りがしたいという思いが駆け回っていましたが、金銭的な問題からオフショアの釣りは行けても2ヶ月に1回・・・。なので、どうにかしてショアからキジハタが釣れないかを模索し、行きついたのが「ショアタイラバ」でした。
始めはホームの漁港で試してみたのですが、水深が浅いところでは根掛かりが多発してしまい釣りになりません。そこで水深20メーター以上ある沖の瀬や島に渡り、ショアジギングの合間でタイラバでボトムを念入りに狙うと、狙い通りに30cmオーバーの「アカハタ」を釣り上げることが出来ました。
hata06

その後、40cmの「大型キジハタ」もヒットし、ようやくショアからキジハタをゲットすることができました。
hata05

また別の釣行でもアカハタが連チャンし、「ショアタイラバ」は十分にハタ系に有効であることが実証出来ました。
このショアタイラバの釣り方は後ほど詳しく説明したいと思います。

メタルマルとの出会い

「ショアタイラバ」は水深があるところでは結果を出すことが出来ましたが、水深が浅いホームでハタをどうやって釣るべきか?が一番の課題になりました。
20gほどの軽いタイラバでやっても、根掛かりこそ減りますがフォールスピードが早いので誘いの間が十分に取れないのが原因のせいか、カサゴさえもヒットしません。
その為、別の方法を模索すべくネットで調べてみると、「テキサスリグ」でのワーミングが有効であるとの情報を得ます。
試しにやってみますが、バス釣り経験が少ししかなく、更に当時はジグ系の重いリグばかりを使用していたので、自分のスタイルと合わずに直ぐに断念してしまいました。
そんな中次に出会ったのが「メタルマル」。メタルジグと同様の飛距離と操作性で、ブレード効果でスローなフォールが実現できるとあり、早速購入して試してみました。
タックルは「エギングタックル」を使用し、マニュアル通りにボトム着底後に数回シャクリを入れてテンションフォール。するとボトム着底するかしないかで「ガツン」と心地良いアタリが!
hata00
サイズは20cmほどの小型でしたが、ようやくホームでキジハタを釣り上げることが達成できました!

釣り方さえ理解すれば難しくないハタゲーム

それから程なくしてアジングにハマり、ジグヘッド単体でボトムを攻めることを覚えてからは、ショアからキジハタを釣り上げることは普通のことになってしまいましたが、ここに至るまで結果的に「10年」掛かったことになります。もし、10年前の当時から「ボトムを攻める」という考え方があればここまで遠回りはしなかったと思いますが、遠回りしたからこそ「ショアタイラバ」という自分の中での「鉄板メソッド」を発見できたので、決して無駄では無かったと思います。

私自身の経験談を長々と書きましたが、アジングを始められた初心者の方には是非「ハタ系ロックフィッシュゲーム」も実践してもらうべく、今後このハタ釣り関連の記事を書いていきたいと思います。

 - ロックフィッシュ , ,