アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

「キジハタ」「アカハタ」「オオモンハタ」の特徴と狙い分けについて

   

hata10

ハタを狙う上で主なターゲットとなる「キジハタ」、「アカハタ」、「オオモンハタ」の3種。
それぞれの特徴と釣り分け方法を調べて見ましたので、その内容をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「キジハタ」、「アカハタ」、「オオモンハタ」の生息地域について

「キジハタ」、「アカハタ」、「オオモンハタ」の3種の生息区域とその地域の水温を比較すると・・・

  • キジハタ:鹿児島西南部~青森周辺、瀬戸内海に分布。もっとも水温が低い。
  • アカハタ:九州長崎~千葉周辺まで分布。キジハタとアカハタの中間。
  • オオモンハタ:九州長崎~千葉周辺まで広く分布。もっとも水温が高い。

まとめると、水温が高い九州西部~太平洋側では「アカハタ」や「オオモンハタ」が多く、水温の低い九州西側から日本海側または瀬戸内海では「キジハタ」が多い、また九州西部である長崎に至っては3種類を狙うことが出来る限られたエリアであるということです。
長崎にお住まいの方はとても羨ましいですね!

「キジハタ」、「アカハタ」、「オオモンハタ」の性格や食性について

「キジハタ」、「アカハタ」、「オオモンハタ」の3種の性格や食性を比較してみます。

キジハタ

オオモンハタやアカハタと比べるとやや警戒心が強く、3種の中ではもっとも慎重な性格です。その為、今現在捕食しているものが甲殻類なのか小魚なのかで好むルアーが大きく異なります。
具体的には、甲殻類の場合であればワーム、小魚であればメタルジグをセットし、それぞれのパターンにあったアクションを心掛けると幾分釣り易くなります。
なお、警戒心が強いにも関わらず、浅瀬の駆け上がりや敷石周りなどにも存在するという面白いターゲットでもあります。

アカハタ

獰猛で活性が高いときにはメタルジグ、ワームに関係無く捕食するという一面を見せますが、その反面、捕食範囲は意外と狭いです。
基本的には、ボトム、あるいはボトムレンジ内でヒットすることが多く、警戒心が薄れることは少ないです。
生存場所について、比較的エントリーが楽な堤防周りに潜んでいることもありますが、小型でも最低10m以上水深があるようなフィールド周りでないと、狙うのが厳しいターゲットです。

オオモンハタ

ボトムから表層までと捕食範囲は広く、甲殻類も小魚も好きな食いしん坊です。小魚を捕食しているときは中層スイミングでも果敢にアタックしてきます。
また、アカハタ、キジハタと同じ場所にも共存するものの、より浅いフィールドにも生息しており、堤防等にもベイトが入れば、群れで追いかけてくることも多々あります。
警戒心よりも食い気の方が大きい好奇心旺盛なターゲットです。



「キジハタ」、「アカハタ」、「オオモンハタ」の狙い分けについて

ハタはどれも釣れて嬉しいので狙い分けというのも贅沢ではありますが、おすすめしたい記事がありましたのでご紹介したいと思います。

キジハタのみを狙う場合

基本的には甲殻類を捕食していることが多い為、どちらかというと、メタルジグよりもジグヘッドワームに反応が良いシチュエーションが多い。
また、稀に2~3mチェイスすることがあるものの、ほぼボトム中心の捕食しか行わず、どちらかというと巻き上げよりもフォールの方が喰わせやすいターゲットである。
アクションは、リフト&フォールで構わないが、リフトは1m以内で誘うと効率的に展開することができる。
しかし、スレやすいターゲットでもある為、特に同じコースを流すようなときは、一旦視界から外す為、5~10m程大きくリフトを行い、再度フォールを行うことでリアクション効果を得られ、バイトに繋がることも多い。
また、小魚を捕食している場合、メタルジグでも、もちろん釣れるものの、底をキッチリと取らなければ釣り難い為、ジグヘッドにシャッドテールの組み合わせがオススメである。

オオモンハタのみを狙う場合

喰い気の立っているときは、レンジに関係なくベイトに付くターゲットである為、あらゆる層をスイミングで探りながら狙う。
アクションは基本タダ巻きで構わないが、合間にリアクションを入れ強気に狙うことでスイッチが入ることもある。
ルアーはジグヘッドでもメタルジグでも構わないが、ワームを使用する際は、スイミング中心の釣りである為、シャッド系がオススメ。
また、トップレンジに浮いているような場合であればミノー系などのプラグで狙うのも面白い。
その他、フラッシングにも特に反応が良いターゲットである為、使用ルアーはキラキラ系のものを使うとより効果的である。

アカハタのみを狙う場合

バイト時は、ボトムから3m程度までチェイスを行うターゲットである。その為、使用するルアーはジグヘッドやメタルジグ、どちらでも構わないものの、
一旦、ボトムを取らなければならない為、完全に釣り分けることは正直難しいターゲットでもあります。
具体的な釣り方は、底から3m程度の範囲の「リフト&フォール」の釣りとなります。

まとめ

上記のハタの狙い分けは、極端な話3種がそろって生息する九州西部でなければあまり意識する必要はないと思いますが、自分のホームに生息するハタを狙う上でも参考になる内容だと思います。

私のホームではオオモンハタは生息していないのですが、こうやって調べていると実際に試したくて仕方が無くなってきますね!
今度長崎遠征を企画して、この記事内容を実践してみたいと思います!

 - ロックフィッシュ , ,