アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

おすすめアジングロッド!低価格編

      2015/12/21

前回、『アジングロッドの選び方』について説明しましたが、今回は初心者にお勧めするアジングロッドを紹介したいと思います。

オススメ記事:「アジングロッド-15ソアレBB!初心者には絶対にオススメ!! 」
オススメ記事:「アジングロッド-ファーストキャスト!低価格で使い心地抜群!! 」

本ページではこれからアジングをやってみたいが予算があまり無い方向けに1万円前後の低価格帯の物を紹介します。
なお、決して安いロッドでは釣れないという訳ではありませんし、高いロッドの方が断然に釣果が上がるという訳ではでないと思います。安いロッドでも正しいアジングの知識とテクニックを身に付ければ結果を出すことができます。
いきなり初心者が高いロッドを使っても、その特性を理解せずに適当にやっては宝の持ち腐れになりかねません。

その為、まずは安いロッドから購入し、練習を重ねて自分のアジングスタイルを確率させて、その中で現在のロッドでは補えないと感じる部分が多く出てくるのであれば、それを解決できる上位機種のロッドで補うという感じでステップアップしていくやり方が良いかと思います。

スポンサードリンク

アジニスト レジェンド(AJINIST LEGEND)

ajinist

かめや釣具店オリジナルのアジングロッドで、スペックは6.6ftモデルで下記の通りとなります。

  • 全長(ft):6.6
  • 全長(cm):197.5
  • 標準自重(g):88
  • 先径/元径(mm):0.8/8.4
  • 適合ルアー(g):0.4-7
  • 適合ライン(lb):1.5-4
  • 適合ライン(号):PE0.2-0.4

まず、全体的にかなり細いです。ティップの細さは0.8mmでこれは『Soare』の上位種である『Soare XTUNE』と同じです。使っている素材はもちろん違うでしょうが、線の細さによる感度の高さが期待できます。
なによりもこのクラスのアジングロッドが8,500円程度で買えるのは素晴らしいです。
1gの存在感も分かりやすいので、これから始める方にはお勧めの1本です。



月下美人 AJING 611L-S

aj611ls
Daiwaから発売されているアジング専用ロッド『月下美人 Ajingモデル』の初心者向け低価格モデルです。スペックは下記の通りとなります。

  • 全長(cm):2.11
  • 標準自重(g):88
  • 先径/元径(mm):0.8/9.9
  • 適合ルアー(g):0.5-8
  • 適合ライン(lb):1.5-3
  • 適合ライン(号):PE0.15-0.4

なにより特徴なのは、『高弾性ソリッドティップ』と張りのあるパワフルなバットを掛け合わせたロッドで、フォール中のテンション抜けのアタリも確実にキャッチできることがうたわれています。
ちなみに「611L-S」の「6」はブランク部分、「11L-S」はティップを指しており、「6ft(約180cm)」の張りのあるブランクに「1.1ft(約33cm)」の長さの『高弾性ソリッドティップ』が繋がれているという意味になります。
価格も実売価格で1万円程度となりますので、初めの練習用の1本としては良いかと思います。
なお、フォール中の違和感やあたりを感じて積極的に掛けて行くことを前提としたロッドですので『巻きの釣り』には合いませんが、『フォールの釣り』をメインで始める方にはこのロッドで練習するのが良いでしょう。

メジャークラフト クロステージ CRK-S692AJI

crostage

メジャークラフト社から発売されている初心者向け低価格モデルのアジング専用ロッドです。スペックは下記の通りとなります。

  • 全長(ft):6.9
  • 標準自重(g):88
  • 適合ルアー(g):0.6-10
  • 適合ライン(lb):2-6
  • 適合ライン(号):PE0.3-0.8

Kガイド搭載の、ソリッドティップモデルタイプです。操作性に優れ、持ち重り感が少ないので、長時間のアジング釣行でも疲れないです。このロッドも「月下美人 AJING 611L-S」と同様にフォール中の違和感やあたりを感じて積極的に掛けて行くことを前提としています。価格も実売価格で1万円程度となりますので、初めの練習用の1本としては良いかと思います。
また、ジグヘッドリグやスプリットリグをメインに、キャロライナリグにも対応可能です。

次は中価格帯のアジングロッドを紹介していきます。

次 おすすめアジングロッド!中価格編

 - タックル, ロッド , ,