アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジング用リールは替スプールを用意しよう!

      2015/10/27

spool01

今回はアジングにおける「替スプール」の利便性について説明して行きたいと思います。

スポンサードリンク

替スプールがあると釣りの幅が広がる

「ジグヘッド単体」「キャロ・メタルジグ」の釣りではラインの種類や太さを変えることが必要になりますが、この場合はロッドもそれに合わせたものが良い為、それぞれのタックルを準備することで効率よく立ちまわれます。
しかし、同じ「ジグヘッド単体」の釣りの中でも、状況に合わせてラインを変えたい状況が発生すると思います。
例えば・・・・。
・強風対策として風の抵抗を減らす為にラインを細くしたい。
・ギガアジを狙うのでラインブレイク防止の為にラインを太くしたい。
・根が荒い場所を攻めるので、根ズレに強いフロロラインで攻めたい。

このような状況の時に毎回ラインを巻き替えるとなると非常に手間です。なお、初めての場所での釣行の場合、実際に釣ってみないと状況がわからないので、事前に適したラインを選択するのは不可能です。
こういう時こそ、「替スプール」に別の号数や別の種類のラインを巻いておくとより柔軟に対処できます。
他にも、ライントラブルなどによってラインが極端に消耗してしまった場合の「予備スプール」を準備しておくと安心です。

スプールはどこで買える?

純正スプールを購入する場合は、釣具量販店から直接メーカーへ注文して貰うことができます。なお、価格は基本的に定価になりますので、店によって販売価格に差が出ることはないでしょう。但し、古い機種の場合は取り扱い中止の場合がありますのでご注意を。

格安で探したいのであれば、「ヤフオク」がオススメです。
「リール名+スプール」で検索すれば、直ぐにヒットすると思います。
但し、中古品の場合はスプールエッジに傷が付いていることがあるのでご注意を。

なお、純正スプールの価格は以下のサイトで調べることができます。

ダイワ:ダイワパーツ検索システム 
シマノ:シマノ製品情報-スプール互換表 



なお、前回紹介した「低価格リール」の純正スプールはとても格安で、ダイワであればレブロスが「1,500円」、エクセラー、フリームスは「3000円」程度で、シマノでは「ナスキー」、「アルテグラ」が「2000円」とかなりお手頃です。
但し、「中価格リール」になると純正スプールの価格は「1万円前後」と割高で、低価格リールがもう1台買えるという価格です。
その為、予備スプールまで考えると低価格帯のリールのコストパフォーマンスが際立ちます。
なお、より軽量である「カスタムスプール」だと更に値段が高くなります。

まとめ

アジングはとても繊細な釣りなので、その状況に合わせたライン選びも釣果の1つの要因として影響してきます。
初心者の方はまずは1つのラインを使い慣れることに専念して貰って構いませんが、ライントラブル時の予備として替えスプールを準備しておくと安心して釣りが行えると思います。
予算に余裕のある方は、是非替スプールを用意してアジングの幅を広げて行きましょう!

 - タックル, リール ,