アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

「ダイワ16エンブレムMS」 - 2016年注目新作リールを解析!

      2016/01/13

en03
今回はダイワ2016年に新作リール「16エンブレムMS」が発売されるとの情報を仕入れましたので、この「16エンブレムMS」を解析してみたいと思います。

スポンサードリンク

ダイワの名機エンブレムがマグシールド搭載で復活!

15年以上前に発売され廃番になったエンブレム。昔から釣りをしている方は懐かしいリールではないでしょうか?
エンブレムは中価格帯のリールで、ランクが高い順位に「Z」「X」「S」とアルファベットで表記されてました。
今のダイワのリールで例えるなら、順に「カルディア」、「フリームス」、「エクセラー」といった感じでしょうか。

当時学生だった私は、本格的なルアー用のリールを買うために頑張って貯めた2万円を握りしめて釣具屋に行き、「エンブレムZ」「00バイオマスタ」のどちらを買おうか長時間悩んだのは良い思い出です。(結局見た目で「00バイオマスタ」を選びましたが・・・。)
どちらとも販売価格で「16000円」ぐらいだったかと思います。

en07
「00バイオマスタ」。かなりボロボロですが未だ現役です!

なお、今では当たり前となっているの「ABS(アンチ・バックラッシュ・システム)」や、「浅溝スプール」が出てきたのはこのエンブレムの世代からのようです。

さて、華麗なる復活を遂げる「16エンブレムMS」のスペックを解析して行きたいと思います。


ダイワ 16エンブレムMS

en0416エンブレム スペック表

現時点で判明している情報では、ベアリングは「6個」「エアスプール」「マグシールド搭載」で、ドラグシステムは新型イグジストとルビアスと同じ「ATD」が搭載されています。
アジングに最適な2004番の重量は「205g」です。

en055スペック比較表-その1

ダイワの同じ中価格帯のリールと、シマノの同レベルのリールをアジングの番手で比較してみました。

ダイワの中では価格的に「14カルディア」「15フリームス」の中間的なリールとなります。
下位ランクの「15フリームス」と比較すると、重量差は「約50g」、ベアリングは2つ多く、価格差は「+5000円」
正直アジングにおいては「16エンブレム」が発売されたら、その重量差から「15フリームス」を選ぶメリットが全く無くなるかと思います。

上位ランクの「14カルディア」と比較すると、ほぼ似通ったスペックですが価格差は「-5000円」もあります。
果たしてその差はどの部分にあるのでしょうか?

なお、「シマノストラディック」と比較すれば、確実にシマノストラディックに対抗したリールだとわかりますね。
値段は「16エンブレム」の方が「2600円」安いので、その分有利になるかもです。

ただ、「14カルディア」の実売価格は「約16000円」で、「16エンブレム」の店頭割引率が20%程度だと「約16000円」と同等になります。
これだと価格面で「16エンブレム」を選ぶメリットはありませんし、逆に「14カルディア」が売れなくなるような気がします。

en06スペック比較表-その2

ダイワの3機種をより詳しく比較してみました。(間違っていたらすいません・・・。)
ドラグシステムは「14カルディア」だけが「UTD」。スプールは「16エンブレム」だけが「エアスプール」
ボディは正式な情報はまだありませんが、重量からみても「ZAION」ではないかと。
ハンドルは間違いなく「ネジ込み式」でしょう。

「14カルディア」との価格差「5000円」の差が出るとしたら、ベアリングの種類くらいでは無いかと勝手に想像してます。
なお、「14カルディア」のベアリングは「CRBB(防錆)」です。

発売日は2016年3月?

気になる発売日は「2016年3月」を予定しているようです。
現段階の情報で勝手な想像も含めて比較してみましたが、同じダイワ内では「14カルディア」とどのような差がでるのかが一番注目すべきところですね。
「新しいもの好き」or「ATD好き」は「16エンブレム」、「UTD好き(ATD嫌い)」は「14カルディア」でしょうか。

あとは、「シマノストラディック」との対決も非常に気になるところですね!

新たな情報が判明次第、随時情報を上げていきたいと思います。

 - タックル, リール , ,