アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

16ヴァンキッシュがついに発売?巻き心地と軽さは最高峰!

      2016/01/28

van00

現行のヴァンキッシュは2012年に登場し、もうすぐ4年目。
去年はステラ、今年はツインパワーと上位モデルの機種がモデルチェンジされる中、そろそろ来る頃だろうと噂されていた「ヴァンキッシュ」がとうとうモデルチェンジされます!

「16ヴァンキッシュ」「14ステラ」とほぼ同等の技術が盛り込まれており、更に軽量化され剛性も高くなっているようです。

スポンサードリンク

「マイクロモジュールギア」により究極の巻き心地が実現

今回のモデルチェンジで一番の目玉は、「マイクロモジュールギア」が搭載されていることでしょう。
これまでスピニングリールでは、14年モデルの「ステラ」にしか搭載されておらず、今年モデルチェンジした「ツインパワー」にも搭載されていないギアが、「16ヴァンキッシュ」には搭載されます。

この「マイクロモジュールギア」は、歯数が細かく設定されていることで一度に噛み合う個数が増ることで力の伝達が良くなります。
また噛み合う個数が多いことで負荷が分散され、1つ1つの歯にかかる負担が軽減されることにより耐久性が向上します。

そして、力の伝達が良くなることでギアのノイズの振動がほとんど感じられない程より巻き心地が滑らかになり、この滑らかさが感度向上に大きく影響するということです。
特に繊細なアタリを感じ取ることが必要なアジングにおいては、この「マイクロモジュールギア」による感度向上は大きな手助けとなることでしょう。

その他を含めて、搭載される機能は以下の通りです。

  • HAGANEボディ
  • X-SHIP
  • マイクロモジュールギア
  • Gフリーボディ
  • チタンベール(12ヴァンキッシュはステンレス素材)
  • 新マグナムライトローター
  • CI4+製ハンドル
  • コアプロテクト

14ステラから搭載されている「コアプロテクト」も当たり前のように搭載されていますね。



究極の軽さを実現!

品番ギア比最大巻上自重糸巻量ベアリング予定価格(税抜)
1000PGS4.357cm155g3lb-100m12/154,500円
C2000S5.167cm155g4lb-100m12/154,500円
C2000HGS6.180cm155g4lb-100m12/154,500円

現行のヴァンキッシュのアジングに適した番手は「160g」ですが、今回の「16ヴァンキッシュ」ではなんと「155g」です!
元々160gでも軽すぎるのに更に「5g」も軽量化されるというのは正直凄いの一言です。
この「5g」を減らす為にどれだけの苦労があったことでしょうか。技術の進歩というのは本当に素晴らしいです。

現在のアジングロッドは「50g台」のロッドが多くなっており、ロッドを自作されている方の中には「40g台」の究極に軽いロッドを作られている方も既にいらっしゃると思います。
そんなロッドと組み合わされば、「アンダー200g」のタックルが実現!

「15ストラディック1000S」がちょうど「200g」なので、リール1個分と変わらない重量・・・。
これはもう未知の世界ですね。アジンガーとしては誰もが1度は触ってみたいタックルになると思います!

価格はアジングに最適な番手で「54500円」で現行モデルより「2000円」値上がりしています。
店頭価格でいくと「45000円前後」といったところでしょうか?

デザインは人によって評価が分かれる?

van03
写真を見る限りでは、スプールは「ステラ」、ボディは「ストラディック」のようなデザインとなっています。
ボディがシルバーになったことで安っぽくなったという意見が多いようですが、私自身としてはストラディックのデザインは好きなので、上記の小型モデルに関しては決して悪くないのではないかと。

なお、全身ブラッグで統一された現行の「ヴァンキッシュリミテッドエディション 」がかなり好みですので、そういうカラーナインアップが追加で発売されるとたまらないですね!

価格的には「ステラ」の下位互換という感じではありますが、剛性感を少し落とした分だけ軽量化に特化したモデルという位置づけになるのでしょう。

私自身、15ルビアスを購入したばかりなので手が出せないですが、アジンガーにとっては1度は手にしてみたい憧れのリールになることでしょう!

 - タックル, リール