アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

16ナスキーが2016年9月に発売!低価格なのに最強コスパで絶対お勧め!

      2016/09/05

16nas01

昨年からステラ、ツインパワー、ヴァンキッシュと上位機種が4年周期でモデルチェンジされ、さらにはバイオマスターがストラディックとして生まれかわり、次は「アルテグラ」かと?予想しておりましたが、なんと3年周期で「ナスキー」がフルモデルチェンジとなりましたのでご紹介します!

スポンサードリンク

低価格なのに「HAGANEギア」と「コアプロテクト」まで登載!

16nas04

「13ナスキー」はシマノの低価格リールの中でも特に滑らかな巻き心地で、シルバーを主体とした姿態で人気機種ですが、今回はブラックとゴールドを基調とした高級感を感じさせるカラーとなりました。
そしてこの「16ナスキー」、なんと上位機種である「ストラディック」にも搭載されている「HAGANEギア」「コアプロテクト」が登載されます。

なによりも一番驚くのは「HAGANEギア」です。
「HAGANEギア」はストラディックが登場するまでは上位機種にしか搭載されていませんでした。
その「HAGANEギア」のおかげで、高い耐久性を維持し、買った時の気持ちのいい巻き心地が長期間担保されます。

また、「コアプロテクト」についてですが、ダイワにも同じ防水性能を高める「マグシールド」がありますが、1万円前後のリールには搭載されていません。
ただ、コアプロテクトの評判はメンテナンス性が無くなったことから今ひとつの部分もありますが、それでも中価格帯以上のリールしか搭載されていないこのコアプロテクトが、1万円前後のリールに搭載されているということは本当にすごいことだと思います。

アルミ冷間鍛造ハンドル

16nas03

ハンドルはアルミ素材を熱することなく常温で鍛造する、冷間鍛造(CF=コールドフォージング)技術によって成型。
ソルトシーンでの使用でも安心できる、高い強度と耐久性を実現しています。
ちなみにHAGANEギアもアルミ冷間鍛造とのことです。

なお、鍛造(たんぞう)とは文字の通り「鍛えて造る」製造方法で、常温で圧力をかける作り方で、冷間だとかなり精度が上がるそうです。
安価な製品でネックになるのはやはり「剛性」でして、使っているうちにハンドル周りがいち早くガタが来ることを多く感じますので、このアルミ冷間鍛造ハンドルのおかげで長持ちすること間違い無いでしょう!

ただひとつ残念なのは、ネジ込み式では無いところです・・・。

Gフリーボディ

14ステラ、15ツインパワーに採用しているこの機構で、ハンドルの回転をスプールの上下運動に変換させるスプールシャフトをボディの上部に設置することにより、重心がリールフットに近くなり、ロッドとの一体感を向上することでより軽く感じることができるようになります。
これにより、キャストによる疲労の軽減、ロッド操作性の向上につながります。

スペック・価格

品番ギア比実用/最大ドラグ力(kg)自重(g)ナイロン糸巻量(号-m)フロロ糸巻量(号-m)PE糸巻量(号-m)最大巻上長(cm)ハンドル長ベアリング数本体価格(円)
10005.02/32151.5-130、2-100、2.5-851.5-120、2-85、2.5-700.8-240、1-19066454/110,900
C2000S5.02/3220(lb-m)3-125、4-100、5-75(lb-m)3-110、4-85、5-650.6-150、0.8-110、1-8066454/110,900
C2000HGS6.02/3220(lb-m)3-125、4-100、5-75(lb-m)3-110,4-85,5-650.6-150、0.8-110、1-8079454/110,900
25005.03.5/92502-170、2.5-150、3-1202-140、2.5-125、3-1001-320、1.2-220、1.5-16073554/112,500
2500HGS6.22.5/4250(lb-m)5-110、6-95、8-70(lb-m)4-130、5-100、6-80
0.6-200、0.8-150、1-11091554/112,500
C30005.03.5/92502.5-180、3-150、4-1002.5-160、3-130、4-1001-400、1.5-270、2-18073554/112,500
C3000HG6.23.5/92502.5-180、3-150、4-1002.5-160、3-130、4-1001-400、1.5-270、2-18091554/112,500
C3000DH5.03.5/92802.5-180、3-150、4-1002.5-160、3-130、4-1001-400、1.5-270、2-18073404/112,500
40004.76/112953.5-170、4-150、5-1253-190、4-145、5-1151-500、1.5-320、2-21075554/113,000
4000XG6.26/112953.5-170、4-150、5-1253-190、4-145、5-1151-500、1.5-320、2-21099554/113,500
C5000XG6.26/113004-190、5-150、6-1254-170、5-135、6-1151.5-370、2-320、3-190105554/113,500

公式ページではアジングに最適な「1000、C2000S、C2000HGS」2016年10月発売予定とのですが、実売価格は1万円は間違いなく切って来るでしょう!
同価格帯のリールで比較すると「ダイワエクセラー」になりますが、重量の点でも15gも軽く、更に「コアプロテクト」による防水機能が着いています。
アジングで使用するリールで1万円以下のリールとしては最強リールとなるでしょう!

私個人として気になるのは「スプール価格」です。

13ナスキーはなんと、1000Sが「2200円」、C2000が「2300円」と超格安です!
ジグ単体用のエステルライン、デカアジ・強風対策にフロロライン、メタルジグ・キャロ用でPEラインと、替えスプールを複数用意しておけばこれ1台で十分回せます。
なので、今回の16ナスキーも13ナスキーと同価格、せめて3000円以下で押さえて貰えるとうれしいですね!

また剛性が高いということで、エギングやライトショアジギングの方がなんかにも絶対にお勧めです!

 - リール, 低価格リール