アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

アジング必需品!ランディングネットでポロリを無くそう!

   

net01

せっかく掛けて釣り上げたのに、アジをテトラの隙間に「ポロリ」という経験は皆さん多いのではないでしょうか?
そんな事態を回避するするための必須アイテムである「ランディングネット」の必要性について語りたいと思います

スポンサードリンク

テトラの釣りではランディングネットは必需品!

net03
私自身テトラでの釣行が多いのですが、フィッシュグリップランディングネットも持っていないときはアジを素手で鷲掴みしていました。
しかし、ヌメリや鱗で手が汚れる、暴れて鰭が手に刺さる、滑ってポロリするなどあまりにも散々な状況が続いたので、まずは手を汚さないことを第一優先とする為に「フィッシュグリップ」を用意することに決めました。
しかしネットや釣り具屋で物色したところ、それなりの物を買おうとすると2000円近くします。
なんとか費用を抑えたい私は代用できそうなものがないか色々と探し回った結果、100円均一の「シリコントング」なるものを発見しました。

net03

サイズがコンパクトでアジにぴったりですし、シリコン素材なのでリリースする魚も傷付けなくて良いかと思い、早速購入し使用してみましたが、このシリコン素材がアジの表面のヌメリで滑り、掴むのに非常に苦戦してしまいます。結果的にこのシリコントングはボツになり、結局は市販品で評価の高い「ワニグリップ」を購入することにしました。



この「ワニグリップ」を使うことで断然に掴みやすくなり手が汚れることも減ったのですが、それでもまだテトラでの釣りにおいては掴む前に暴れられてポロリすることが続きました。
やはりテトラではランディング後のポロリ無くすためには「ランディングネット」が必要だと考え、次はランディングネットの探しの旅に出かけたのですが、これまた専用のネットは安くても3000円前後はします。
なんとか1000円以内で収まるものが無いものかと、ふと立ち寄ったホームセンターで子供の水遊び用の「柄付タモ」を発見しました。なんと値段は「398円」と超お買い得でした!

net05

早速この「柄付タモ」も持って釣りに出かけましたが、見た目はちょっとアレですが、使い勝手的には十分すぎる品でした!
釣り上げたアジを渓流釣りの如くタモでキャッチし、その後にワニグリップでゆっくり焦らず掴む。この手順でポロリすることがまったく無くなりました!

また、サゴシやフッコサイズのシーバスなどの思わぬ大物も、今までは抜き上げでラインが切れてたのがネットに上半身だけでも入れることでなんとかキャッチ出来るようになりました。
本来であれば、柄が伸びるタイプのネットを用意するのがベストなのでしょうが、とりあえずはアジ限定ということでこのスタイルで落ち着いています。

普段ネットを持ち歩かない方は、外見さえ気にならなければとりあえず私が購入した「柄付タモ」から使ってみて、気に入れば専用のランディングネットを購入みてはいかがでしょうか!

テトラで釣りをするのであれば、ランディングネットは絶対に必需品です!!

 - 道具 , , ,