アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

おすすめアジングワーム – シュラッグミノーでワインド釣法

      2015/12/09

今回はアジング用のおすすめワームであるBerkleyの「シュラッグミノー」をご紹介します。
上記は、アジング・メバリングのエキスパートの加来匠(LEON)氏が、シュラッグミノーの水中アクションを生解説した動画となっております。

スポンサードリンク

シュラッグミノーの特徴

ワーム形状により水の抵抗が減り、初速が非常に早いことでターゲットの捕食スイッチを入れ、逆にフォールではテールアクションと腕の抵抗による水の圧力で早々に失速させて捕食の間を作ることが出来るワームです。
「ブレーキングワインド」と呼べるアクションは当然のこと、流れを受けながらの水面直下のドリフトや、一定速のリトリーブでのローリングやナチュラルな胸びれの動きがターゲットを刺激します。

おすすめアクション

worm07
シュラッグミノーは、ワームのセッティングによってアクションが変わります。
ワインドによるセッティングの場合は平らな面を下に、リトリーブで狙う場合は平らな面を上にセットします。

ボトムワインド

ボトムにいる小魚やエビが底から追い出されて逃げるイメージでワインドを掛けた後、ボトムに向けてスーっとカーブホールさせると着底間際にバイトが発生します。
このワインドアクションを行う為には、ラインが緩んだ状態から急に「パン」と弾いて、直ぐに緩めるいう一連の動作が重要になります。
また、このロッドワークの強弱は使用するロッドの硬さや長さにより変わる為、自分の竿の調子に合わせて事前に日中の明るい時間帯に見ながら練習することをオススメします。

リトリーブ

浮いているメバルを狙うゆっくりとした一定速度のただ巻きの中で、僅かな動きの変化を加えることで大型メバルが反応してきます。
ゆっくり巻く中でティップを一瞬動かすことで、腕とテールが「キュキュッ」と僅かに動き、たまらず反応してきます。

こちらの動画でも詳しいアクションが紹介されていますので必見です。



カラーラインナップ

worm08
カラーラインナップは上図の通り計「11色」となっています。
推奨ジグヘッド 「Jazz社 尺ヘッド Dタイプ 3g」が1個パッケージに標準装備されています。

このシュラッグミノーでのボトムワインドを活かしてアジをゲットしましょう!

 - リグ, ワーム , ,