アジングファン

初心者~中級者向けアジング基礎知識と攻略法

おすすめアジングワーム – issei海太郎「スパテラ」

      2015/11/26

worm09
今回はアジング用のおすすめワームである「issei海太郎 スパテラ2inch / 2.5inch」をご紹介します。
「ステパラ」は、バス釣り界のレジェンドである村上晴彦氏が代表を務める「issei」のソルトルアーブランドのワームです。

スポンサードリンク

スパテラの特徴

スパテラは柔らかいマテリアル、ボディ形状、深めなリブの存在の影響でちょっとしたロッドアクションや水流でもワームが滑らかに動きます。
また極小パドルテール搭載により細かいロッドワークにも対応するワームし、イレギュラーアクションで魚を誘います。

なお、この深めなリブの存在により水の抵抗が増すことで、フォール時のワームの動き&姿勢に期待させられます。
軽めのジグヘッドをセットし、弱った小魚がゆっくりと沈んで行く動きを演出すれば、ボトムに張り付いている大型のアジもたまらずアタックしてきます。

パドルテールの向きでアクションを変える!

worm10
ジグヘッドに装着する際、パドルテールの向きを「横」または「縦」にするかでアクションを変えることが出来ます。

広範囲で大きく目立せたい場合は、パドルテールを「横向き」にセットします。横向きにするとドルフィンキックのような大きなアクションになり、大きなボディがより目立ちます。
また、水の抵抗が増すので、ボトムで止める釣りにも最適です。

逆に、漁港などの小場所や明らかに魚のサイズが小さいポイントでは、「縦向き」にセット。こうすることで、パドルテール部あたりがわずかに横に尾びれだけを動かしてるようなイメージになります。
また、ベイトパターン時のリトリーブの攻めには縦向きがお勧めです。



カラーラインナップ

worm12
カラーラインナップは上図の通り計「12色」となっています。どれも間違いないカラーばかりですね。
ベイトバターンの場合はもちろん「クリアシルバーフレーク」が抜群です!
また、夜間の釣りでは「オレンジグロー」、日中で使用する場合は視野性から「チャートグロー」がオススメです。

価格は500円ほどで「14本」入りですのでコストパフォーマンスもそこそこかと思います。

アクションが強すぎる場合はテールをカットすればナチュラルなストレートワームとして使用できますので是非お試しを!

 - リグ, ワーム ,